取材経験をもとにライターがパーソナルトレーニングジムを紹介!

グッズについて

こちらでは、自宅で気軽にトレーニングをするためのグッズと、
そのグッズを使った簡単なトレーニング方法についてご紹介していきます。

おすすめグッズ①ダンベル

長く使えるダンベルは、自宅でトレーニングをする時の心強い味方です。ダンベル
ダンスエクササイズでもダンベルを使った動きがあるくらい使い方も幅広いので、簡単なトレーニング方法をいくつか覚え、時間の空いた時に効果的に活用しましょう。

あなたがもし、「筋肉隆々な体を作りたい」のでなければ重いダンベルは必要ありません。しなやかな体を作ることが目的なら、負荷は1kg程度の軽いものでもいいかもしれません。
ご紹介する方法は、背筋、腹筋を意識して行う事で全身の筋肉のバランスを整える効果があります。
筋肉を意識する方法は、パーソナルトレーナーに相談してみるとすぐにわかると思います。

<トレーニング方法>

  1. 四つん這いになります。ダンベルトレーニング
  2. 片腕ずつ、ひじを90度に曲げ、ゆっくりと後ろに引いていきます。
  3. 腕の角度を保ったままゆっくりと戻します。
  4. これを10回繰り返し、反対側の腕も同じように行います。
  5. 以上を1セットとし、5セット行います。

おすすめグッズ②チューブ

チューブはダンベルに比べて安く、使い方次第でダンベルのような効果も得られる優れものです。チューブトレーニング
ただ、ゴムが劣化するのが難点で、ある程度の使用で買い替える必要はあります。
ここでは、大胸筋を鍛える方法をご紹介します。地道に行えばバストアップにも繋がります。

<トレーニング方法>

  1. バストトップくらいの高さにチューブを背中から回してそれぞれの手で握っていく。チューブトレーニング
  2. 息を吐きながら、こぶしの向きを変えずに腕を伸ばしていく。
  3. 戻すときも、勢いをつけずにチューブの弾性を感じながら行う。
  4. 1セットを10~15回。1セットから3セットを目標にする。
  5. チューブの長さを調節することによって運動強度を変えることができる。

加圧トレーニングベルト

講習を受けることで、購入した器具を使って加圧トレーニングを行う事ができます。

ただ、あまり知識を持たない段階で自宅でトレーニンググッズとして取り入れるのは危険です。
適正な判断ができるパーソナルトレーナーとしっかり経験を積んでからにしましょう。


バランスボールやディスクなども自宅でできるトレーニング方法として注目されていますが、いずれにせよパーソナルトレーナーの指導のもと、正しい姿勢やグッズの使い方を学ぶことが効果的なトレーニングの近道といえます。
 

 
HOME » おうちでトレーニング! » グッズについて